EPSグループ 株式会社EPファーマライン
0120-861-664電話受付:平日9:00-18:00

EPファーマラインのコンタクトセンターが選ばれる理由

医薬品・医療・医療機器・ヘルスケア業界に特化した付加価値の高いサービスをご提供。

EPファーマラインのコンタクトセンターは、医薬品・医療・医療機器・ヘルスケア業界に特化したコンタクトセンターです。業界特化型のコンタクトセンターだからこそ可能な付加価値の高いサービスで300社以上のお客様から支持されています。

  • 300社以上の豊富な実績、有資格者1,100名所属

    製薬企業、医療機器企業、ヘルスケア企業、計300社以上の実績、1,100名の有資格者(薬剤師・看護師・MR・管理栄養士・臨床心理士・臨床検査技師等)である「メディカルコミュニケーター」により運営されています。(2020年10月時点)

  • 24時間/365日のサービス体制

    3~4交代制などのシフトも可能な体制を整え、緊迫した医療現場からの対応が求められる医薬品・医療・医療機器業界に対し、時間、曜日を問わないサポートを提供します。

  • 迅速なコンタクトセンターの立上げが可能

    スピーディーにコールセンターを立ち上げ、ご希望の開設時間に応じて、「メディカルコミュニケーター」が対応します。

  • 独自の教育・研修や検定試験で質の高いサービスを提供

    専門的な知識を習得している有資格者に対して、独自の教育・研修カリキュラムや検定試験を実施。

  • 文献検索を含めた高度なお問合せ対応も可能

    専門領域に特化したチームの編成も可能。通常、エスカレーション案件となるお問い合わせに対し、文献検索から対応します。

  • GVPに準拠した対応が可能

    GVPに準拠した有害事象・副作用情報入手時の報告もしっかりと対応いたします。

  • お問い合わせ者に応じたマルチチャネル対応

    「メディカルコミュニケーター」が、治療継続のために、患者さんに寄り添い、電話、メール、SMS、SNS、チャット、アプリ等の最適な方法で、自己注射、血糖測定器、喘息用吸入器等の操作方法のサポートを行います。
    また、医療機器(MRI、CT等の大型医療機器含む)についての医師、検査技師等医療関係者からの問い合わせに対して、医療機器専門の「メディカルコミュニケーター」が電話やデジタルツールを使用し対応します。

  • 最新鋭のインフラを完備

    最新鋭コールセンターシステムを導入。
    テレワークをはじめとしたニューノーマルにおけるビジネスニーズに応えます。また、AIを活用したチャットボット、FAQシステムについても積極的に導入の提案を行っています。

  • 充実のBCP対応

    全国4拠点(東京・大阪・福岡・仙台)にオフィスを分散し、自家発電を設備した充実のBCP対応により、万一の「ハザード」でも事業継続が可能です。
    発電機

※商標登録申請中

最新鋭のコールセンターシステム

最新鋭のPBXシステムを導入。BCP対応はもちろんのこと、テレワークや音声以外のチャネル対応、音声マイニング等ニューノーマル時代のニーズにお応えします。

  • クラウド対応PBX

    クラウド対応PBXで、在宅でもオフィスでも、変わらない応対速度、受電品質、取次対応をご提供いたします。

    ※PBX:構内交換機

  • 音声以外のチャネルとの連携

    チャット、SMS、SNS、メールといった音声以外のチャネルにも対応します。

  • データセンター活用

    データセンターを活用し、安定したセンターの運営を実現します。

  • 音声マイニング対応

    音声マイニングによる定性分析が可能です。応対履歴からニーズや課題を発掘します。