EPSグループ 株式会社EPファーマライン
EN
0120-861-664 電話受付:平日9:00-18:00

SDGs活動

当社のSDGs活動への取り組み

イラスト

EPファーマラインは、生命に関わる医療、暮らしの質を向上させる健康産業に携わる企業として医薬品・医療・医療機器・ヘルスケア業界に特化した複合型サービスを提供しております。
医療系の有資格者を中心とした社員が知識と経験を活かし、医療従事者のその先に、患者様がいらっしゃることを常に想像しながら、日々、業務に励んでおります。
弊社は、社員の日々の活動そのものが、まさにSDGsの達成につながると考えており、ビジネスの展開により、すべての人の健康と福祉に貢献する所存です。

一人でも多くの人が長く健康でいられますように。
そして、あなたの未来に多くの笑顔があふれていますように。
健康を届ける役割を通じて、皆様の夢のお手伝いができますことを社員一同大変うれしく思っております。

みなさまと共に、未来へ。GOOD SOLUTION, for the FUTURE, with GOOD SMILE
EPファーマライン 代表取締役社長 池田 佳奈美

EPファーマラインの重点項目

イラスト

EPファーマラインでは、事業以外にも、SDGs活動を行っており、人々の健康と福祉に貢献できる取組みを重点的に実施しております。その中で、弊社社員の健康増進や活躍促進への取組みから得られたナレッジを、積極的に事業活動に還元し、健康社会実現のモデルケースを築きながら、利益を生み出すという好循環を目指します。

事業におけるSDGs活動

「DIサービス」「BPOサービス」では、医療・医薬の情報提供や流通における最後の砦として、24時間365日サービスを提供 SDGsアイコン
「ヘルスケアサービス」では、受診勧奨や健康相談、OTC医薬品の情報提供などを通して、健康な社会づくりを推進するサービスを提供

事業以外でのSDGs活動

①防災備蓄品(食品)の寄付活動
十分な栄養状態を保ち、健康な体作りに貢献
  • SDGsアイコン
  • SDGsアイコン
②ペットボトルキャップの回収、マイボトル利用の促進
ワクチンの寄付で感染症を予防
CO2排出量を削減
  • SDGsアイコン
  • SDGsアイコン
③環境美化活動
としまクリーンサポーターに登録。定期的に会社付近の環境美化活動を実施
  • SDGsアイコン
  • SDGsアイコン
④オフィス什器の買取、寄付・寄贈
CO2削減の観点から、不要となったオフィス什器は、極力廃棄せずに、買取りや寄付を実施
  • SDGsアイコン
  • SDGsアイコン
⑤文房具等の寄付活動
未来を担う子ども達の学習支援の一環として積極的に文房具を寄付
  • SDGsアイコン
  • SDGsアイコン
  • SDGsアイコン
⑥職場相互理解の促進
社員の相互理解を深め、性差なく働きやすい職場環境を作る
  • SDGsアイコン
  • SDGsアイコン
  • SDGsアイコン
⑦えるぼし認定(三ツ星)の取得
女性活躍推進に関する取り組みの実施状況が優良であることが認められ、えるぼし(三ツ星)を取得
  • SDGsアイコン
  • SDGsアイコン
  • SDGsアイコン

事業以外でのSDGs活動

SDGs活動事例

防災備蓄品の寄付活動

貧困を防ぎ、十分な栄養を摂取することが健康の基礎にあるため、賞味期限を迎える防災備蓄品(非常食)を積極的に寄付しています。
寄付した防災備蓄品は、障害者支援センターや子ども食堂などで活用いただいています。

SDGsアイコン SDGsアイコン
寄付した防災備蓄品
感謝状

実施記録

実施時期寄付品の活用先
2023年2月NEXTしらかわ様、みんにこ様、ワークセンターれすと様、子育て応援!!0.1.2.3サークル様
2023年3月東京都公園協会水元公園様、あったかキッチン水元様、みんにこ様

ペットボトルキャップの回収、マイボトル利用の促進

ワクチンの寄付でウイルス感染症を予防し、CO2排出量を削減することで健康で快適な環境で生活できるよう、ペットボトルキャップ回収活動を行っています。実施開始からの期間は短いですが、毎月コンスタントに回収しています。
同じくCO2削減のため、マイボトル利用の促進を実施しています。

SDGsアイコン SDGsアイコン

・「特定非営利活動法人 キャップの貯金箱推進ネットワーク」様からのレポート

環境美化活動

EPファーマラインは、本社の所在地である豊島区が運営する「としまクリーンサポーター」に登録し、始業前の朝の時間帯など、会社周辺の環境美化活動に取り組んでおります。
これからも「住み続けられるまちづくり」に貢献していきます。

としまクリーンサポーターの詳細はこちら:
としまクリーンサポーター|豊島区公式ホームページ (toshima.lg.jp)

SDGsアイコン SDGsアイコン
としまクリーンサポーター写真
としまクリーンサポーター写真
としまクリーンサポーターロゴ

オフィス什器の買取、寄付・寄贈

CO2削減の観点から、フロアのレイアウト変更等により不要となったオフィス什器は、廃棄せずに、買取りや寄付・寄贈をしています。

SDGsアイコン SDGsアイコン
イラスト

実施記録

実施時期対象什器(買取)CO2削減量
2022年5月デスク、イス、書庫、ミーティングテーブル、電話台等45㎏
2022年9月デスク、サイドワゴン、書庫、ロッカー、軽量棚等38㎏

※CO2削減量は、仮に廃棄をした場合に排出されるCO2量にもとづき算出。

文房具等の寄付活動

貧困とくに子どもの貧困の原因として、教育格差があると考えています。そのため、子ども達の学習支援の一環として積極的に文房具を寄付しています。

SDGsアイコン SDGsアイコン SDGsアイコン
感謝状

▶『特定非営利活動法人 JIYU 』様からの感謝状

職場相互理解の促進

女性が大半を占める弊社では、 社員の相互理解を深め、性差なく働きやすい職場環境づくりを目指しております。

2023年9月には、「職場相互理解 健康増進セミナー」として、産婦人科医(外部講師)より、「生理」に着目した講義を現地とリモート配信のハイブリッドで開催致しました。

現地参加者は4人1チームでグループワークを行うなど、周囲の意見を聞きながら、より理解を深めることが出来ました。またリアルタイムで参加できなかった社員向けに、eラーニングでも講義内容を社内配信しております。

なお今後も「生理」に限らず、社員相互の理解促進を目的としたセミナーを実施予定です。働きやすい職場環境づくりに向け、新たなテーマを検討して参ります。

SDGsアイコン SDGsアイコン SDGsアイコン
研修風景写真

▶研修風景

えるぼし認定(三ツ星)の取得

EPファーマラインは女性活躍推進に関する取り組みの実施状況が優良であることが認められ、2023年11月1日に、上位ランクのえるぼし(三ツ星)を取得致しました。
えるぼしとは、2015年に制定された女性活躍推進法に基づき、取り組みを評価された企業が厚生労働大臣から与えられる認定制度です。
EPファーマラインは採用、継続就業、労働時間、管理職比率、多様なキャリアコースの5つの基準を全て満たした企業として、三ツ星を取得しました。

厚生労働省「女性の活躍推進企業データベース」にて、当社の実績値や女性活躍推進行動計画等を公表しておりますので、こちらもご確認ください。

詳細はこちら
https://positive-ryouritsu.mhlw.go.jp/positivedb/detail?id=3684

SDGsアイコン SDGsアイコン SDGsアイコン