EPSグループ 株式会社EPファーマライン
EN
0120-861-664 電話受付:平日9:00-18:00

サスティナビリティ

健康経営推進

健康経営宣言

「価値あるソリューションの創出を通じて、健康産業の発展に貢献します」
EPファーマラインが、EPSグループの一員として、この経営理念を遂行するためには、従業員一人ひとりが自身のことを大切にし、心身ともに健康でなければなりません。
EPファーマラインは、従業員の健康が企業経営の礎であると考え、従業員が健康維持向上に取り組める環境づくりに努めることを宣言いたします。

代表取締役社長 池田 佳奈美

代表取締役社長
池田 佳奈美

推進体制

代表取締役社長を健康経営責任者とし、人事部、健康保険組合等と連携しながら社員の健康づくりの取り組みを進めています。
また、社内にプロジェクトチーム「EHT(EPL heartful-team)」を発足し健康経営推進に取り組んでいます。

推進体制_組織図

健康経営に向けた取り組み

  • 健康管理・安全衛生活動等、心身の健康の保持・増進に取り組みます。
    職場環境の改善や従業員の健康管理など、衛生や健康にかかわる課題の情報共有、協議、産業医の講話を毎月「衛生委員会」で実施します。内容は、社内イントラにて周知します。
  • ストレスチェックの実施、カウンセリングサービスの活用により、メンタルヘルス不調の予防に取り組みます。
  • 過重労働防止に取り組みます。
  • 育児・介護支援等、仕事と家庭の両立の推進に取り組みます。
イラスト

戦略マップ

健康経営、健康投資を効果的・効率的に行うために、解決したい経営課題やその経営課題の解決につながる健康課題を特定し、その課題を解消する健康の保持・増進に関する取り組みを見える化した「戦略マップ」を策定しています。
これに基づいて、取組み状況や達成状況を確認、検証し、健康経営を推進しています。

イラスト

戦略マップはこちら

健康施策の取組状況に関する指標

項目 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
定期健康診断受診率 65.2% 80.6% 91.7% ※1
ストレスチェック受検率 68.5% 69.1% 61.0% 79.0%
特定保健指導参加率 - - 33.3% ※1
プレゼンティーズム
(東大1項目版)
損失割合値
- - - 19.1%
※2

※1:実施中
※2:損失割合値が高いほど、損失が大きいことを示す